シミパン(染みつきパンティ)入手方法

シミパン(染みつきパンティ)入手方法

リアルにシミパンが、染みつきパンティが欲しい。

それは多くのシミパンフェチが思っていることです。しかし、実現するには女子更衣室に潜入したり、ゴミ箱を漁ったりと非合法な手段しかありません。それでは犯罪者です。

ダメ絶対!!

では、リアルな女の子にお願いする。そんな女の子はどうしますか?出会い系サイトで探す?

それもまた気の遠くなるような手間と時間がかかります。

そんな方法しかないのでしょうか?

否、今はネットの時代。そんなことをしなくても大丈夫!!

探せばゲット出来る方法はいくらでもあります。

簡単に言えば古着販売。

つまり女の子から古着を買う感覚でシミパンが売ってもらえるサイト。女の子もお金になりますし、了承済みで売ってるわけですから、お互いWINWINの関係の成り立つサイトがあるんです。

大手で言えば、
使用済み下着通販-アンジェリーク

女子の使用済み下着販売-ラシオ-

の2社になります。どちらも女の子と直接やりとり出来るチャットのようなシステムがあり、まるでインスタをみてるように選ぶことができます。

しかし、僕がおすすめするのはアンジェリークです。
その理由は、

・男性名もしくは会社名義で届き、梱包もバレないようにしてくれる。
・クレジットカード決済可能で、明細書には決済会社名しか出ない。
・実店舗もあり会社が大きい。
・商品を送らないなどした販売者(女性)には強制退会などのルールがある。
・もし商品が届かなかった場合もしっかり対応してくれる。
・連絡後に指定日数を穿いてくれるシステムもあり。
・下着以外のものもあり(唾液や使用済みナプキン、使用済みオモチャなど)。
どうでしょうか?かなりしっかりしたシステムでシミパンを購入することができます。
大まかに言って1点で3000円が相場。高いもので5000円くらいになってます。
また、女の子と仲良くなれば(何回か購入すれば)値引きなどもしてくれたりも…。
でも、ひとつ注意点!!
いくら女の子とチャットできるからと言ってもLINEのIDをきいたり、会おうとしつこく言い寄ったりはしてはいけません。出会い系サイトではありませんから!!

もっと安全なシミパン入手方法は?

AV女優の染みつきパンティ
AV女優の染みつきパンティ

大手DMMが販売しているこういうものもあります。
DMMは動画だけだと思ってる人も多いかも知れませんが、グッズも多く取り扱っています。素人女性ものもありますし、その他様々なモノも売られていますので、是非チェックしてみて下さい。
しかも、DMMだけに安心して購入できるのもシミパンビギナーにはいいですね。

それでも、素人女性にこだわるならアンジェリーク1択です。

使用済み下着通販-アンジェリーク

シミパンを無料で入手しよう

シミパンを無料で…を読む

シミパンを無料で入手する方法は簡単です。
ゴミを漁る!!
普通に考えて下着を捨てる時というのは使用後ですよね。捨てるのに洗濯するのもったいないですもん。そこを狙って入手ゲットなわけです。これだと完全に無料。

狙い目は年末などの節目。3月や4月の引っ越し時期なんかも狙い目だったりします。
だって、穿いては捨て、穿いては捨て、を繰り返して荷物を減らしにかかるからです。年末だとタンスの中の整理とかですね。

でも、年末は他のゴミもどっさりでますからシミパン入手までちょっと面倒くさいかも知れません。

ターゲットを決めてガサっと入手するのは良い方法で、これだと、ギャル~人妻・熟女まで好みの女性のシミパンを入手できますが、ストーカーと思われる可能性(というか下準備の段階ですでにそうでしょう)があります。

不特定多数のシミパンを入手するのに団地やアパート・マンションなどのゴミを狙うとうまく行けば大量のシミ付きパンティを入手できるんですが、管理の厳しいマンションだと通報されたりするので要注意です。団地やアパートとかの方が、比較的シミパンゲット率は高いです(それ以外のゴミも多いけど)。

というわけで、ゴミからシミパンを入手するのは良い方法に思えるかもしれませんが、これには大きな欠点が2つあります。

1)労力が凄い。
→時は金なりって言いますけど、狙った女性がゴミを捨てる時間をチェックしたり、人気の少ない時間をチェックしたりとシミパン入手への道がかなり長いです。そうなると購入したほうがずっとお得ということになるんじゃないでしょうか?

2)不審者・犯罪者になる可能性がある。
→「遺失物横領罪」という罪があり、これに該当する可能性が非常に高くなります。なので、身を隠す必要性がある。しかし、そこまですると完全に不審者です。もし大事になった場合、様々な世間の目があなたを苦しめることになるでしょう。

というわけで、あまりオススメできない方法ということになりますが、無料で入手できるのは確かです…。

シミパンとは?

シミパンとはなにか?

シミパンというのは実在する物質でありながら男性は手に入れることが出来ない。なぜか。
それは恥ずかしいものだからである。
恥ずかしいものだから女性は隠したがる。例えば夫婦の間柄だって自分の染みつきパンツはこっそりと洗濯機へ入れるものだ。

もしくはその部分だけこっそり洗って洗濯機へ。

というか、実際に嫁はそうしている。それに興味を覚え、洗濯機から取り出してまじまじと見つめる。これはもう立派なフェチ誕生以外の何物でもない。

目の前で腋の毛を抜いていても何にも思わないのに、下着の染みは隠すというのはよくわからない。
しかし例えば自分が夢精したとして、自分のシミパンもこっそり隠すだろうか?
隠すかもしれない。

そうなると排泄物に近いものを感じている可能性が高い。

ここで問題になるのが、染みが排泄物、つまり尿や便で出来たものか。おりものや愛液などの生殖器系から来たものか、その由来の違いによって違ってくるんじゃないかという問題がある。

前者はどちらかというとスカトロ寄りで、つまり排泄物に近い。しかし後者は別に恥ずかしいものじゃないんじゃないだろうか。だって言わば生命の起源だもの。

聖と俗を両方同時に抱えてしまった存在、それがシミパンである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする